抗酸化作用のある食品を取ることが大切

空気中から体内に入った酸素の一部は、「活性酸素」という物質に変化します。
活性酸素がわたしたちの体をサビつかせ、若々しさや、健やかさを損なわせてしまうことはよく知られています。
活性酸素は本来、体内に侵入した細菌やウイルスといった敵の攻撃から体を守るために、なくてはならないもの。

でも、それが過剰に産生されると、正常な細胞まで傷つけ、体の内側から老化現象を引き起こします。
しみやしわといった美容面のトラブルだけでなく、血液中のコレステロールや中性脂肪などを酸化させて、過酸化脂質という有害物質に変え、がんや動脈硬化などの生活習慣病を招きます。

この活性酸素に対抗するのが、抗酸化物質。
抗酸化物質は体内でも産生されますが、残念ながら作られる量は年齢と共に減少します。
日頃から抗酸化作用のある食品を取ることが大切です。

特に抗酸化物質が多く含まれているのが野菜です。
生野菜には酵素が含まれているのでサラダなどを習慣的に摂ることをおすすめします。
ただ、どうしても日々の忙しさや疲れで野菜を用意できないということもあるでしょう。
そんな時は野菜の酵素が詰まっている酵素ドリンクを補酵素飲料として飲むのもいいでしょう。

運動と食事制限でダイエット

夏までに3キロ痩せる為には、運動に加え食事制限をプラスするとより効果的と言われています。
私が現在実行しているのは、一日1時間の踏み台昇降と、糖質をカットした食事制限です。

踏み台昇降は低い段差で登り降りを繰り返すだけの運動で、15分程から少しずつ汗をかいて脂肪が燃焼されはじめます。
1時間続けることによって、約300キロカロリーを消費することができるのです。
体重を1キロ落とすには7500キロカロリーの消費が必要と言われていますが、毎日続けることによってどんどん痩せる身体になっていきます。

踏み台昇降だけではダイエットに時間がかかってしまうので、私は食事制限も同時にしています。
食べないのではなく、甘いものと油はなるべく避け、飲み物すべてをお茶やミネラルウォーターに変えるだけです。

料理でも、なるべく砂糖を使わずに、油の種類にも気をつけて調理を心がけています。
先月からダイエットを始め、少しずつ効果が表れ、現在継続中です。
マイナス3キロを目指して頑張ります!

ワンピースを着るためにダイエット

私の義母は洋裁が得意で、私は夏用にたくさんのワンピースを作ってもらっています。
最近はワンピースなどあまりはやらないのかもしれませんが、私は軽い感じで着られるのが好きなので、流行に関係なく毎夏ワンピースを着ます。
周囲の人からも珍しいせいか「その服、いいわね」といわれたりします。

しかし、このワンピースを着るともろに体のラインが目だってしまうので、夏に向けてダイエットをがんばらないといけません。
冬の間はたくさん着込むので少々太っていてもわからないし、春秋はチュニックなどのファッションで腹部など出ているところも隠せるので油断していますが、夏だけはそういうわけにいきません。

私がとるダイエット法はやはり食事制限です。
いろいろなダイエット法がありますが、やはり食事制限が一番痩せることができると思います。
朝食と昼食を少なめにし、夕食は健康のことも考えて栄養バランスのとれた食事を普通に食べます。

日中に空腹を覚えることもありますが、短期のことだと思い、いつも何とかがんばってダイエットしています。
これでワンピースも自信を持って着ることができます。

ストレス太りがダイエットのきっかけ

ストレスだらけの暗鬱とした日々を送っていたある日、恐るおそる体重計にのってみると、そこにはそれまで目にしたことのない数字が表示されていました。

その日を境にダイエットを決意。
まずは一食置き換えダイエット、そして運動を始めることに。
ストレスのせいで、それまで食べていた量がすごい量だったので、一食置き換えは効果テキメンでした。

しかししばらく続けていると、停滞期が・・・。
もちろん気持ちは落ち込むのですが、ここでくじけてはこれまでの努力がもったいないとの思いで、気長に運動を続けました。
2週間ほどすると停滞期を抜けたのか、再び体重が落ち始め、ある程度のところで安定するようになりました。

その頃にはファッションを楽しんだり、歩くときの姿勢を気にするなど、以前では想像できなかった自分の姿がありました。

5年ほど経った今でも、体型を維持しています。
コンプレックスだった体型をよりよくするために努力し、それを長所に変えることが出来る。
そうすれば笑顔が増えて、美しさだけでなく健やかさも手に入れることが出来るのだと思います。

私が置き換えダイエットをしていた5年前にはありませんでしたが、今では健康的に酵素が摂れる酵素ドリンクがあるので、これから置き換えダイエットをするならおすすめですね。
ちなみにローヤルエンザミン酵素っていう酵素ドリンクはお湯割りもできるので、冷え性の女性にはピッタリだと思いますよ。

腹式呼吸によるダイエット

腹式呼吸はお腹の筋肉を入れて、口から息を吐き出す呼吸の方法です。
実はテレビで腹式呼吸がダイエットの効果をもたらす事を放送していて、私にも効果があると思って、腹式呼吸によるダイエットを始めました。

息を強く吐き出すので、普段の呼吸より消費エネルギーが増えるという検証結果があって、実際に時間があるときに腹式呼吸を数時間だけ行いました。
一ヵ月後にお腹の部分が前に比べて幾分小さくなっているのが感じました。
お腹の部分に力を入れる運動をしているからであるので、腹式呼吸はお腹の運動を行ってお腹周りの脂肪を減らしていると確信しました。

その後、腹式呼吸だけで一ヶ月で一キロも痩せましたが、これから夏に向けてしっかりとダイエットしていきたいので、断食ダイエットに取り組むことにしました。
まぁ断食ダイエットといっても1日1食を酵素ドリンクに置き換えるプチ断食(ファスティング)ですが。
個人的に無理なダイエットをして痩せても意味がないと思っているので、無理せずゆっくりと体質を変えていきたいと思います。

バナナ置き換えダイエットは美味しくて楽しい

私はダイエットをしようと思った時、バナナ置き換えダイエットを行った事があります。
その時、バナナを選択したのは、バナナがとても好きだったので、バナナを食べる事によって、長く続ける事ができると考えて実施する事にしたものでした。

実際に行ったのは、朝食をバナナに置き換えて実施しました。
すると、朝食にバナナだけだと少しお腹を満足感を得ることができないのではないかと、心配していたのですが、そんな事はなく美味しく食べる事ができました。

また、食べた後に、満足感を得ることができたので、お昼の時間まで、持たせる事ができました。
私の場合は、バナナと一緒に、水を飲んでいたことも、お腹を満足させることができたと思っています。

そしてその結果、なんと1ヶ月後には、体重を3キロも減少させることに成功しました。
そしてさらに良かったと感じたことは、便秘が軽減したことです。
頑固だった便秘がいくらか改善したことでも、ダイエットを成功させることができたと感じています。

好きなものを置き換えて実施すると、成功する確率は高いと思います。
私もこのバナナダイエットを成功させた秘訣は、好きなバナナだから、続けることができたと思っています。
もし、バナナが嫌いであれば最近流行の酵素ドリンクにするっていう方法もいいかもしれませんね。